ウォールナット
ウォールナット
クルミ科の広葉樹。ウォールナットは、オーク、マホガニー、アッシュと並んでヨーロッパの家具材を代表する4大銘木の一つです。

美しい木肌と狂いの少ない材質が特徴で、欧米では古くから家具材や装飾用材、あるいは楽器の素材としても利用されてきました。その重厚感のある美しさから、建築材としても人気が高く、ドア、フローリング、造作材などに用いられ、優しく落ち着いた風合いが日本でも大変好まれています。

衝撃に強く、硬いため、傷が付きにくい性質があります。紫色がかった深い褐色と、その独特の木目から、ファンが多い木でもあります。