ニュージーパイン®
ニュージーパイン®
北米カリフォルニアが原産となる松の一種。現在では、ニュージーランドやオーストラリア、チリなど、多雨多湿で生育条件の整った地域に多く植林されています。木肌の色合いは心材(赤身ともいわれる)は淡い褐色、辺材(白太ともいわれる)は淡い黄白色で、その上質な透明感のある美しさも人気の理由となっています。

経年変化により深みのある飴色に変わり、美しさを増していきます。特に無節の一本物は高級品材として珍重されています。柔らかく、加工がしやすいため、DIYに向いた材料でもあります。

ウッドワンではニュージーランドの広大な敷地に苗木を植え、30年の年月をかけてニュージーパイン®を育てています。枝打ちなどの手をかけて丁寧に育てられたニュージーパイン®は幹が太く、芯がしっかりと締まり、均一に整った伸びやかな木目模様も特徴。育った木を伐採した後には苗木を植え、持続可能な森林経営を行っています。自社で木を育てていることで、木材としては贅沢な「柾目取り」の板で、端正で落ち着いた表情を楽しむことができます。